2013年12月11日

普通鋼鋼材、10月内需400万トン台回復

 日本鉄鋼連盟が10日発表した用途別受注統計によると、10月の普通鋼鋼材受注は前年同月比5・3%増の623万5000トンで5カ月連続増となった。内需が12・3%増の403万4000トンで5カ月連続増。輸出は5・5%減の220万1000トンで4カ月ぶりに減少したが、高水準を維持。内需は5年ぶりに400万トン台を回復し、普通鋼受注は昨年3月以来の620万トン台乗せとなった。

おすすめ記事(一部広告含む)