2014年1月8日

普通鋼輸出、3カ月連続減215万トン

 日本鉄鋼連盟が7日発表した昨年11月の鉄鋼貿易実績によると、普通鋼鋼材輸出量は前年同月比6・5%減の214万9000トンで、2カ月ぶりの減少になった。前月比では1・2%減となり、3カ月連続の減少。自動車生産の減速が続くタイ向けなどは減少したが、韓国、中国、台湾、米国などが増加。内需増加でミルのロールがタイトになる中、スポット向けの輸出を削減し、純ひも付とも呼べる海外取引先への輸出が中心になっているもようだ。2013暦年では2800万トン台半ばの水準になりそうで、2年連続の増加となる見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)