2017年1月31日

普通鋼鋼材輸出、12月221万トンに下振れ 16年、2年ぶり減2715万トン

 日本鉄鋼連盟が30日発表した12月の鉄鋼貿易実績によると、普通鋼鋼材輸出量は前年同月比6・8%減の220万6000トンで4カ月連続で減少した。昨秋以降、国内需要が増加したことで、高炉メーカーを中心に輸出余力が減少、ホットコイルが2カ月連続で減るなどした。
おすすめ記事(一部広告含む)