2014年1月16日

神鋼物流、製鉄所内運搬用機関車 アイドリングストップ化

 神鋼物流は15日、神戸製鋼所加古川製鉄所で運行を受託している構内運搬用ディーゼル機関車の、アイドリングストップ化を実現したと発表した。鉄鋼業界では初めてのこと。総燃料消費量を約25%、CO2を年間約1100トン、燃料コストを年間約2500万円がそれぞれ削減可能となった。

おすすめ記事(一部広告含む)