2014年1月21日

廣内圧延、八尾の新倉庫完成

 廣内圧延工業(本社=大阪市城東区、廣内謙社長)は、昨年末に八尾工場(大阪府八尾市)近接地の新倉庫竣工式を行った。既存倉庫棟はミニレベラー加工専用工場に転用したことにより、八尾工場の母材コイル保管能力が不足となったため、これを補う。新倉庫完成で、八尾工場全体の母材保管能力は、従来の倍以上の3500トンとなった。全社レベルの加工・在庫関連の大型投資(全投資金額2億5000万円)はすべて完了した。

おすすめ記事(一部広告含む)