2014年1月22日

シンガポール証券取引所 原料炭先物、年内開始へ

 シンガポール証券取引所(SGX)のコモディティ担当の陳世亮副社長は21日都内で講演し、原料炭の先物取引を年内に開始する方針を明らかにした。過去2年間検討しており、現在は市場関係者と詳細を詰めている段階と説明した。鉄鉱石先物取引がスポット取引の比重の高い中国着価格を基準としているのに対して、原料炭は主流の豪州FOB価格が基準になると見通しを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)