2014年1月23日

新日鉄住金・名古屋、主要全設備が操業再開

 新日鉄住金は、名古屋製鉄所の主要設備の操業を22日昼過ぎまでにすべて再開した。高炉(第3)、コークス炉(1・2・4炉)、製鋼、鋼管が20日から、高炉(第1)、厚板、めっきが21日から操業をそれぞれ再開しており、熱延、コークス炉(5炉)が22日昼過ぎまでに操業を再開した。今後は安全を確認しながら、稼働を高めていくことになる。

おすすめ記事(一部広告含む)