2014年1月31日

新日鉄住金、4―12月経常益6・6倍

 新日鉄住金が30日発表した2013年4―12月期の連結経常利益は前年同期(単純合算428億円)比6・6倍の2822億円だった。14年3月期見込みは売上高・経常利益予想を据え置き、純利益予想を従来の2000億円から2200億円に上方修正。未定としていた期末配当予想を3円(前期1円)と決定し、中間配当2円(0円)と合わせて年間配当を5円(前期1円)にすると同時に発表した。新日鉄住金として初の年度決算は、主力の製鉄事業の回復によって売上高が前期(単純合算5兆835億円)比7・2%増の5兆4500億円、経常利益が(同877億円)3・9倍の3400億円の増収大幅増益となる。

おすすめ記事(一部広告含む)