2014年4月10日

H形輸出価格下げ方向 東アジア向け720-730ドル

 形鋼類の輸出価格が下げ方向で推移している。H形鋼の汎用材の東アジア向け輸出価格が、成約ベースでC&F720―730ドル程度と今年から弱含みの展開が続いている。海外メーカーなどが上げを表明しているものの、鉄スクラップ価格の動向などに左右され、上値が重たい状態が続いている。海外からは下げ要求も出ていることから、日本からの輸出価格も上値が重たい状態が継続している。

おすすめ記事(一部広告含む)