2014年4月25日

鉄鋼業界、リーマン・ショック以降の低迷脱出

 鉄鋼業界の2014年3月期決算発表がスタートしたが、東京製鉄が5期ぶりの経常黒字転換を果たし、JFEホールディングスは大幅な経常増益となった。今後、発表を予定する新日鉄住金は大幅増益、神戸製鋼所と日新製鋼は黒字転換の見通し。アベノミクスや円高修正の効果による景気好転を追い風に高炉メーカーは量的回復を果たし、米リーマン・ショック以降の業績低迷から抜け出した。今期も鉄鋼需要自体は堅調に推移する見通しで、各社が中期経営計画などで掲げる、もう一段の収益改善を実現できるかどうかが注目される。

おすすめ記事(一部広告含む)