2014年7月7日

高炉4社 過去10年設備投資、7兆円突破

 高炉メーカー4社の10年間の連結設備投資累計額が7兆円を上回ることが分かった。一貫製鉄所を抱える高炉メーカーは巨大装置産業で、コークス炉、高炉など製銑工程の更新投資額が大きく、国際競争力を維持するための高級鋼生産、生産効率化、コスト削減、環境対策などの設備投資も継続している。足元は内需が好調に推移する中、各社それぞれ設備トラブルや能力不足などの問題を抱えており、設備投資を拡充する傾向にある。加えて研究開発や海外生産拠点拡充などの投資も必要であり、各社ともに持続的成長を図るための、もう一段の収益回復が課題となっている。
おすすめ記事(一部広告含む)