2014年9月3日

鉄骨需要、6カ月連続減 7月

 鉄骨需要量が前年を割り込む状況が続いている。7月の鉄骨推定需要量は44万トンと前年同月比7・8%減と6カ月連続で減少した。現場の人手不足による労務費の高騰もあり、施主の計画が見直されるケースが出ていることも要因にあるようだ。足元は一時的な需要量の減少と見て、下期以降は遅れた計画が動き出すことで、需要の盛り上がりに期待する声も多い。

おすすめ記事(一部広告含む)