2014年10月2日

新日鉄住金・JFES、強粘炭小幅下げ合意 10-12月積み

 新日鉄住金、JFEスチールは10―12月積み原料炭の価格交渉で、1級強粘結炭を7―9月比0・8%引き下げることで大手山元と合意した。相対的な安値が続き、休山が相次ぐなど炭鉱は厳しい経営環境だが、スポット価格の低迷が続いている足元の市場環境を映し、小幅下げで落ち着いたようだ。鉄鉱石は下げ決着しており、非微粘結炭などの情勢次第ながら、10―12月も原料安の様相だ。

おすすめ記事(一部広告含む)