2014年2月13日

新日鉄住金・三井物産・英リオ、西豪州鉄鉱山を拡張

 新日鉄住金、三井物産、英資源大手のリオ・ティントは13日、西豪州の鉄鉱石合弁事業、ローブリバーの拡張投資を決めたと発表した。6億4200万豪ドル(約578億円)をかけてウェストアンジェラス鉄鉱山の年産能力を、2015年1月までに3500万トンと600万トン増やす。これまで自前の鉱山が主体だったリオ・ティントが主導する鉄鉱石事業の拡張で、追加分としてローブリバーの拡張内容が焦点だった。新日鉄住金、三井物産はリオ・ティントと共同の事業拡張で供給力を増やし、需給安定化に寄与する。

おすすめ記事(一部広告含む)