2014年11月25日

村山鋼材、今期経常益2億円超へ

 大手コイルセンターの村山鋼材(本社=千葉県浦安市、村山和雄社長)は、2015年9月期に経常利益2億円以上を目指す。中期目標であるROS(売上高経常利益率)2%の達成に向け、ブランド力の向上やここ数年で進めてきたグループ再構築によるメリットの最大化を図り、収益力を一層高める。主力の鋼板加工・販売の取扱量は前期比1・9%の26万2000トンを計画。前期に経常損失を計上した薄板部門は採算確保を徹底するとともに、堅調な厚板部門は製販一体による拡販をさらに伸ばす。

おすすめ記事(一部広告含む)