2015年3月25日

D.N.A.メタル 高精度・長寿命のK熱電対

 D.N.A.メタル(本社=東大阪市御厨栄町、前田茂樹社長)は、高精度かつ長寿命の保護管付K熱電対(温度センサー)を開発した。クロメルおよびアルメルの素線および保護管表面にパルス放電による超硬を被覆することで、異常劣化を回避し、従来製品と比べて大幅な長寿命化を実現。また世界トップクラスの精度を持たせることができ、熱処理炉での使用において従来比5―15%の省エネ化が図れる。同社では、新日鉄住金から耐熱金属(NAL―AH―4)の供給に関する協力を得ながら、需要獲得を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)