2015年4月23日

鉄鋼輸出、2年連続減4190万トン

 財務省が22日発表した貿易統計によると、2014年度の鉄鋼輸出(全鉄鋼ベース)は4189万6000トン、前年度比0・5%減で、2年連続で減少した。年度前半に国内需要が堅調推移した一方で、ミルの設備補修が重なり、輸出余力が低下したことが要因だが、海外下工程への原板供給、提携アライアンスなどの安定基盤があることで3年連続で4000万台を確保した。ただ、税関長公示レートが前年度比9・3%(9・25円)安の109円22銭となった円安効果は一定にとどまり、ASEANや中国の景気減速、中国・韓国の能力余剰に伴う供給過剰の中での市況低迷に相殺された格好ともいえる。

おすすめ記事(一部広告含む)