2013年2月21日

鉄鋼輸出、3カ月連続増363万トン

 財務省が20日発表した貿易統計によると、1月の鉄鋼輸出(全鉄鋼ベース)は363万トン、前年同月比24・4%増となり、3カ月連続して増加した。12月から日本ミルの主要市場のアジアで市況が回復傾向示す一方、為替が円安に振れたことも輸出増加の後押しになった。一方、鉄鋼輸入は59万5917トン、前年同月比11・0%減となり、4カ月連続の減少。11カ月ぶりに60万トンを割り込んだ。一時の1ドル=70円台という超円高傾向が薄れ、足元1ドル=90円台になるなど円安が大きく進んだことが影響した結果と言えそうで、しばらくは輸出好転、輸入減少とした傾向が続く見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)