2015年4月28日

小棒懇・中村会長 今後数年、需要900万トン

全国小棒懇談会は27日、東京・茅場町の鉄鋼会館で第50回定時総会を開催し、中村真一会長(新日鉄住金執行役員建材事業部長)、また後藤隆(神戸製鋼所常務執行役員)、高島秀一郎(共英製鋼会長)、宮澤正明(三井物産メタルワン建材常務執行役員)の3副会長ともに再任された。

総会後の記者会見で中村会長は、「14年度の小棒生産量は907万トンとなり、13年度の946万トンに比べて4・1%減少した。出荷も同様のレベルになるとみられる。途中で危険水域に入るような時期もあったが、年度を通じ、需給は良いバランスが続いた。会員各社の業績を含め、まずまずの1年になったのではないか」と14年度を総括した。

15年度に関しては、「良いスタートとは言えず、取り巻く環境、需要見通しなど楽観はできない。経済情勢を考慮した場合、今後数年にわたって、小棒需要は900万トン前後で推移するとみている。

おすすめ記事(一部広告含む)