2015年4月28日

普通鋼鋼材 3月輸出量6・8%増

 日本鉄鋼連盟が28日発表した3月の鉄鋼貿易実績によると、普通鋼鋼材輸出量は前年同月比6・8%増の257万トンで、4カ月連続で増加した。ホットコイル(熱延広幅帯鋼)が過去最高を記録したのをはじめ厚板などが伸びた。中国の景気減速などはあったものの、国内需要が停滞感を強める中、期末ということもあって輸出に出荷が振り分けられたもようで、単月として過去最高水準になった。

おすすめ記事(一部広告含む)