2015年5月12日

高炉4社粗鋼8486万トンに減 14年度 消費増税影響が長期化

 高炉メーカー4社の2014年度の粗鋼生産量は前年度比1・2%、103万トン減の8486万トンとなった。消費税増税前の駆け込み需要の反動減が下期に薄まるとみて、第1四半期決算発表時(14年8月)は2・3%、200万トン増の8789万トンへの拡大が想定されていたが、消費増税影響が長期化し、当初見込みを300万トン下回る結果となった。

おすすめ記事(一部広告含む)