2014年10月30日

日立建機、世界建機需要が減速 14年度

 日立建機は2014年度の油圧ショベルの世界需要を、前年度比9%減の19万2000台と推計し、7月策定の前回予測より1000台減と下方修正した。鉱山機械は鉄鉱石、石炭の資源価格下落を受けて同20%強マイナスの大幅減とし、回復は15年度以降になるとした。油圧ショベル市場は北米、西欧が引き続き堅調に推移するものの、中国は同26%減と低迷、ブラジルが同17%減、インドネシアが同21%減と伸び悩む。新興国の比率は前年より5ポイント下げ、52%にとどまり、世界の建機需要を下げると見ている。14年度の国内需要は、住宅着工戸数は減少するが、投資促進税制の効果で、同18%減と7ポイント上方修正された。

おすすめ記事(一部広告含む)