2015年5月29日

普通鋼鋼材輸出18.8%増 4月 輸入は6カ月連続減

 日本鉄鋼連盟が28日発表した4月の鉄鋼貿易実績によると、普通鋼鋼材輸出量は前年同月比18・8%増の241万9000トンで、5カ月連続で増加した。海外市況の低調さは続いているが、ミルの定期修理が集中した昨年同期に比べ生産余力がでてきたことで、ホットコイル(熱延広幅帯鋼)が堅調な上、厚板なども2カ月連続で増加した。
おすすめ記事(一部広告含む)