2015年10月6日

新日鉄住金ステンレス、Ni系冷薄据え置き

 新日鉄住金ステンレス(NSSC)は6日、国内店売り向けステンレス冷延薄板および厚中板の10月契約価格について、ニッケル系冷延薄板を前月通りとし、厚中板をトン当たり1万円引き下げると発表した。9月のLMEニッケル平均価格が下落したためアロイ価格を引き下げるが、ニッケル系冷薄については前月同様ベース価格を同額引き上げ、据え置く。ニッケル系冷薄は9カ月連続の据え置きとなる。クロム系冷薄の契約価格も6カ月連続で据え置く。

おすすめ記事(一部広告含む)