2015年10月7日

関西で異形棒市況下落

 関西地区の異形棒鋼市況は低調な需要動向の中、安値寄りの推移が続いており、直送が5万円、現物が6万3000円(トン当たり、ベースサイズ)どころに下落した。

おすすめ記事(一部広告含む)