2015年10月8日

日之出水道機器、鋼構造向け鋳鉄事業に進出 売上高100億円規模へ

 グラウンドマンホール製造最大手の鋳鉄メーカー、日之出水道機器(本社=福岡市、浦上紀之社長)は、新たに鋼構造向け鋳鉄事業に乗り出す。マンホール製造で培った高度な素材解析・製造技術を生かし、強度と耐久性を備えた高性能鋳鉄の付加価値を高め、鋼構造向けの需要を開拓する。溶接鋼構造の弱点を高性能鋳鉄で補完し、構造の一部鋳鉄化を目指す。新日鉄住金グループなどとの共同研究も加速する。同社では鋼構造向け鋳鉄事業の売上高を中長期的に年間100億円規模に成長させたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)