2015年10月9日

酒井鋼材、シャー1基を老朽更新

 酒井鋼材(本社=愛知県東海市浅山、酒井雅規社長)は今月末、本社工場のシャーリング設備1基を更新する。導入予定の設備は相澤鉄工所製の半自動機で、設備の老朽化に対応するとともに、加工の効率化を進めるのが狙い。今後も設備の特色を活かし、きめ細かな受注を行い、早急に全社の加工量を現状比100―200トン増の月間1000トンまで引き上げたい方針。

おすすめ記事(一部広告含む)