2015年10月20日

高炉大手、インド鉄鉱石長契更新 3年で300―430万トン調達

 高炉大手各社は15日、インドの国営金属貿易会社のMMTCと鉄鉱石の長期契約更改でそれぞれ合意した。前回同様、2015年度から3年契約で日本合計で年間300万―430万トンを調達する。豪州、ブラジルの寡占化が進む世界の鉄鉱石供給事情でインドは貴重なソース。日印貿易の象徴とされる長契を更新することで、高炉各社は高品位の鉄鉱石供給を安定確保する。

おすすめ記事(一部広告含む)