2015年10月21日

TPP大筋合意 鋼材輸出先の関税、最長11年目に撤廃

 TPP協定の大筋合意で、鋼材輸出先の関税が最長でも11年目に撤廃される。マレーシアやベトナム向けでは二国間の経済連携協定(EPA)で関税が残ったが、TPPで撤廃される。輸出障壁が除去される一方、合金鉄の輸入関税が11年目までに撤廃され、日本市場も開放される。

おすすめ記事(一部広告含む)