2015年10月23日

セントラルヨシダ、今期経常 前期並み維持へ 単価下落も数量維持

 セントラルヨシダ(本社=愛知県あま市、木村安秀社長は今期(2016年7月期)、売上高で前期比約3%減の155億円、経常損益は前期並みを見込んでいる。販売単価はユーザー向けなどが下がる方向にあるが、販売数量は自動車向けなどきめ細かな受注対応を継続し、前期並みの月間平均で7500トンを維持していく。

おすすめ記事(一部広告含む)