2015年11月2日

ステンレス一貫メーカー3社決算、4―9月 NSSCの好調際立つ

 ステンレス一貫メーカー3社の2015年4―9月期連結決算が出そろい、経常損益ベースで新日鉄住金ステンレス(NSSC)が黒字、日新製鋼ステンレス部門、日本冶金工業の2社が赤字と明暗が分かれた。原料ニッケルの国際価格が下落し、各社、大幅な在庫評価損を計上する中、16年3月期はNSSCが上期並みの黒字を下期でも維持し、日本冶金は下方修正ながら黒字確保を見込む。日新は下期、実力ベースで40億円の赤字を予想しており、合計で通期95億円の赤字に膨らむ見通し。海外市況が低迷し、世界的に苦戦が続くステンレス業界だが、NSSCの実力が際立っている。
おすすめ記事(一部広告含む)