2020年11月11日

高炉系エンジ3社、上期利益まだら模様

高炉系エンジニアリング事業部門の2020年4―9月期連結決算が出そろい、利益(事業利益・セグメント利益・経常利益)は日鉄エンジニアリングが前年同期比で増益、JFEエンジニアリングは減益、神戸製鋼所は赤字となった。21年3月期は3社とも黒字を確保する見通し。新型コロナウイルス感染拡大の影響により不透明さが増す海外案件を中心に工期の遅延、後ろ倒しが散見される中で、これまでの受注残を実行しながら、来年度以降の新規受注を積み上げるという難しい局面をどう打開するか。各社の戦略が問われそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)