2016年3月22日

丸藤シートパイル、泥土低減工法を実用化 初年度 受注2万平方メートル目標

 丸藤シートパイルは18日、泥土の発生量を従来の半分以下に低減できる新たなソイル柱列壁工法「泥土削減型ソイル柱列壁工法:マッドレス工法」を開発、実用化したと発表した。環境負荷を低減する新工法として今後、ゼネコンや官公庁自治体などの発注者にも営業を進め、初年度で2万平方メートルの受注を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)