2016年5月16日

環境省、地球温暖化対策計画が閣議決定

 環境省は13日、地球温暖化対策計画が閣議決定されたと発表した。2030年度の温室効果ガス排出量を13年度比26%削減する目標を具体化する。2050年までに80%の削減をめざすことも位置付け、日本の温暖化対策の礎としている。合わせて政府実行計画も閣議決定した。

おすすめ記事(一部広告含む)