2016年5月18日

コベルコ建機、世界10位以内目指す ショベル世界シェア10%へ

 コベルコ建機(楢木一秀社長)は2016年度から20年度まで5カ年の中期経営計画で、世界主要建機メーカー中第13位の位置付けを、10位以内に高める。このほか油圧ショベル、ミニショベル合わせてた建機ショベルのグローバルシェア10%、クレーンもクローラクレーンのシェア40%の達成を目指す。ショベルでの省エネ技術や高耐久性のクレーンなど技術力をより強化。ICT(情報通信技術)も導入し、ニーズを捕捉していく。各施策を通じて旧ショベル事業の16年度での黒字転換などV字回復を念頭に、グローバル展開を拡大する。

おすすめ記事(一部広告含む)