2016年5月31日

世界ステンレス見掛け消費、17年まで安定成長 ISSF 16年プラス転換

 世界の主要ステンレスメーカーが加盟する国際ステンレス・フォーラム(ISSF)によると、2016―17年の世界のステンレス見掛け消費見通しは、16年が15年の0・7%減から2・5%増にプラス転換し、17年も2・4%増と安定的な成長を見込んでいることが分かった。15年は景気好調な北米の熱延品が世界4地域(欧州アフリカ、米州、中国以外アジア、中国)で大きく伸び唯一2ケタ成長したため2・1%増となっていたが、全体でみると実質はマイナス。条鋼類も2・2%減だった。

おすすめ記事(一部広告含む)