2016年12月12日

新日鉄住金・厚板事業、最終製品の機能向上へ ソリューション展開強化

 新日鉄住金は厚板事業で高機能材の拡大を念頭に顧客サイドの最終製品段階での機能向上へ向けたソリューション展開を強化する。船舶向けの衝突安全性の高い高延性造船用鋼NSafe―Hull(エヌセーフハル)、原油タンカー用高耐食性鋼板NSGP―1、同―2や耐摩耗鋼ABREX(アブレックス)など高機能材を主体に顧客と共同で機能、特性を高められる最終製品化を推進。さらに海事関連機関や石油メジャーなども含め、使用に際しての世界標準へ規格化などを図る。並行して製鉄所での生産性向上によるコスト競争力の強化を実践。機能をベースとして用途開発を加速、長期的に高機能材の売上構成比を現状の10%弱から20%に高める。

おすすめ記事(一部広告含む)