2017年11月20日

新日鉄住金・厚板事業、高機能材の拡販加速 新規用途開拓 売上比20%へ

 新日鉄住金は厚板事業で高機能材の拡大を加速する。従来は海洋石油掘削のジャッキアップリグ用などラック・アンド・コードを主体とする海洋構造物を主力としていたが、エネルギー分野での海洋構造物需要の低迷を受け、これに代わる主力として船舶向け衝突安全性の高い高延性造船用鋼NSafe―Hull(エヌセーフハル)、高アレスト鋼や、耐摩耗鋼ABREX(アブレックス)、ハイニッケル鋼などを造船、建・産機、建設分野で拡販。顧客サイドの最終製品段階での機能向上へ向けたソリューション展開を強め、新規用途を開拓する。数年先には高機能材の売上構成比を現状の6%から20%に高める。

おすすめ記事(一部広告含む)