2016年12月22日

NSSC12―2月契約、ステンレス線材値上げ Ni系2.5万円、Cr系1万円

 新日鉄住金ステンレス(NSSC)は21日、ステンレス線材の2016年12月―17年2月契約価格について、ニッケル系の基準鋼種(SUS304前提)をトン当たり2万5000円(6%)、クロム系の基準鋼種(SUS430前提)を同1万円(3%)それぞれ引き上げると発表した。原料価格の上昇を反映する。ニッケル系・クロム系とも2四半期連続の値上げとなるが、同社では来年1―3月積みフェロクロムの価格について10―12月比46・6%引き上げることで複数の生産者側と合意しており、17年3―5月契約でも更なる値上げは確実となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)