2021年12月21日

日鉄ステンレス12―2月契約 ステンレス線材値上げ Ni系3.5万円・Cr系2.5万円

日鉄ステンレスは20日、2021年12月―22年2月契約(1―3月ロール)のステンレス線材価格について、基準鋼種のニッケル系(SUS304前提)をトン当たり3万5000円、クロム系(SUS430前提)は同2万5000円引き上げると発表した。独自のアロイリンク方式に加え、ベース価格も改定する。ニッケル系は20年9―11月契約以来6期連続、クロム系は3―5月以来4期連続の値上げ。累計の引き上げ幅はニッケル系が同15万5000円、クロム系が同6万円となった。

おすすめ記事(一部広告含む)