2017年12月22日

NSSC、ステンレス線材値上げ

 新日鉄住金ステンレス(NSSC)は21日、ステンレス線材の12―2月契約価格について、基準鋼種のニッケル系(SUS304前提)でトン3万円(7%)、クロム系(SUS430前提)で同1万5000円(5%)それぞれ引き上げると発表した。ニッケル、クロムともに価格が上昇し、為替も円安に振れた中、アロイリンク方式に基づき改定する。ニッケル系は2四半期ぶり、クロム系は3四半期ぶりの値上げ。電極、耐火物など副資材価格の高騰分の転嫁については現在、個別需要家と交渉している。
おすすめ記事(一部広告含む)