2016年12月26日

17年度予算案 金属課、74.5億円に増 次世代技術開発を継続

 経産省の製造産業局金属課関連の2017年度予算案は74億5000万円と16年度当初比0・7%増える。鉄鋼関連は環境調和型製鉄プロセスの技術開発で21億円と前年並みを確保する。自動車課など非鉄分野を含めて進める輸送機器の抜本的な軽量化に資する新構造材料等の技術開発は、案件を大ぐくりしたこともあり、40億円と3億5000万円増える。節目を迎える省エネなどにつながる次世代技術開発を継続する。

おすすめ記事(一部広告含む)