2017年1月12日

コベルコ建機、技術競争力を強化

 コベルコ建機(楢木一秀社長)は2020年度までの5カ年中期経営計画に則して技術競争力を強化する。IoT(モノのインターネット)を活用、五日市工場(広島県)をはじめ、顧客の稼働状況などビッグデータにより需要予測を精度アップ、生産に反映させるほか、国のi―Construction(アイ―コンストラクション)に呼応し、本秋をめどにマシンコントロールシステムをオプション搭載。神戸製鋼所の神戸総合研究所と連携し、引き続き低燃費・省エネ性能の向上による差別化を加速。20年燃費基準より20%超燃費を向上した新ショベルを市場投入する。また、解体機に加え、林業機に注力。クレーンでも300トン大型クレーンを開発、来年内に販売に乗り出す。

おすすめ記事(一部広告含む)