2017年2月1日

愛知製鋼、熱間鍛造プレスライン完成 CVT用、月産能力34万個

【東海】愛知製鋼は1日、鍛造事業リエンジの第2期工事として鍛造工場(愛知県東海市新宝町)に建設していた「CVT(無段階変速機)用熱間鍛造プレスライン」2ラインがこのほど完成し、同日現地で竣工式を行ったと発表した。設備投資額は約38億円。今回の設備は世界トップクラスの高速自動鍛造ができ、生産能力は月間34万個(2ライン合計)。今後同社では新設備を活用し、高品質・高精度なCVT用シャフト部品を自動車向けに安定的に供給していく方針。

おすすめ記事(一部広告含む)