2017年2月2日

薄板3品12月末在庫 4カ月連続減381万トン

 2016年12月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比0・6%、2万4000トン減の380万9000トンとなり、4カ月連続で減少した。季節要因によって、11月から1月にかけて在庫は10万トンを上回るペースで増加する傾向が強いが、新日鉄住金の店売り引き受けカットの影響なども手伝い、12月については14年12月以来、2年ぶりに減少。1月末の在庫動向が注目されるが、薄板ミルは国内需要の増加で総じてフル稼働状況にあり、タイトな状況がしばらく続く公算が大きい。

おすすめ記事(一部広告含む)