2017年2月10日

合同製鉄 異形棒鋼・棒鋼加工製品、営業効率高め販売強化

合同製鉄は、2017年1月1日付で実施した組織改正で効率的な営業体制を構築し、異形棒鋼と棒鋼加工製品の販売を強化する。

合同製鉄は技術営業力強化に向けて、15年7月1日付で棒鋼販売部の下に商品開発室など4室を新設。商品開発室が統括する商品開発技術グループでは「EGジョイント」や「EG定着板」など独自工法をはじめ、船橋製造所と連携して異形棒鋼の素材開発までを一貫して手掛け、商品化への開発スピードアップに取り組んできた。今回の組織改正は営業力強化、業務効率化に照準を合わせたもの。

おすすめ記事(一部広告含む)