2020年10月6日

合同製鉄、鉄筋棒鋼の納期設定 3カ月経過し納入ない場合、価格を再交渉

合同製鉄は鉄筋棒鋼の納入期日(納期)設定で、商社との新規契約締結後、3カ月が経過した時点で需要家への製品納入が始まっていない契約について、内容を見直すために再交渉することを決めた。10月契約分から実施し、対象は鉄筋棒鋼と、機械式鉄筋継手「EGジョイント」と「EG定着板」。すでに取引のある商社に伝えた。

おすすめ記事(一部広告含む)