2017年2月13日

鉄鋼主力7商社、阪和興業は経常増益 4―12月連結業績 得意分野でバラツキ

 鉄鋼主力商社7社の2016年4―12月期連結決算が10日出そろったが、比較可能な経常利益は阪和興業が前年同期比で増加、日鉄住金物産、JFE商事、佐藤商事、カノークスの4社がほぼ前年並みとなり、岡谷鋼機と神鋼商事は減益となった。下期入り後の市場環境改善を背景にそれぞれ収益は回復に転じたが、上期までの中国の過剰生産・輸出による国際市場混乱、円高、内需回復の遅れなどが響き、得意分野の差異によってマチマチの結果となった。

おすすめ記事(一部広告含む)