2017年2月15日

三菱製鋼、独自のプレミアムフライデー 平日残業も原則20時 4月実施

 三菱製鋼は働き方改革の一環として、4月から独自のプレミアムフライデーを取り入れる。労働時間短縮を目指し、佐藤基行社長のトップダウンで取り組む。平日残業を原則、午後8時以降は禁止し、月1回第2週か第3週の金曜日は午後3時退社を導入する。すでに労働組合とも話し合っており、社員の待遇改善に社長自ら実行していく考え。

おすすめ記事(一部広告含む)