2017年2月16日

鉄連の低炭素社会実行計画 生産構成変化適用 BAU評価を適正化

 日本鉄鋼連盟は15日、地球温暖化対策の2015年度実績について、20年度時点の二酸化炭素(CO2)排出量を05年度基準で最先端技術を導入しなかった場合(BAU)目標500万トン削減に対し、15年度のBAU排出量は1億8266万トンでCO2排出量1億8024万トン(電力排出係数固定)となり、削減実績は224万トン減だったと発表した。目標比では76万トンの未達となる。また中間年度の実行計画レビューとして生産構成の変化を踏まえたBAU評価の適正化、廃プラなどの有効活用による排出削減量の実績カウント化の方針に見直すこととした。

おすすめ記事(一部広告含む)